失敗する真剣交際の切り出し方

仮交際も順調、そろそろ真剣交際に入りたいなぁ、でも切り出し方が分からない

という人は多いと思います。

まずここで見極めなければいけないのは、本当に真剣交際に入って大丈夫なのかということ。

KOKOの会員さまであれば真剣交際に入る目安というのが決まっているので、真剣交際に入るタイミングについては悩むことはないのですが、非会員様の場合、けっこう真剣交際を軽く見ている人も多いです。

例えば、

3回デートしたから真剣交際

2ヶ月交際したから真剣交際

数字を目安にするのはいいでしょう。

しかし、真剣交際というのはお互い一人の人とお付き合いをし、結婚の準備を進めていく関係です。

真剣交際に入るときは、仮交際相手やお見合い予定がある場合、すべてをクリアにした状態で真剣交際に入ります。

人によってはキャンセル料を払う方もいます。

ということは、

もし真剣交際がダメになった場合、またお見合い相手を探すというところからのスタートになります。

振り出しに戻る!

とりあえず真剣交際に進んで、ダメだったらまたお見合い。これをヘラヘラ楽しんで何度も繰り返せるなら問題ないと思いますが、普通の人はメンタルが保ちません。

婚活疲れを起こし、婚活がイヤになります。

なので、

「3回デートしたから」とか「2ヶ月交際したから」とかで判断するのではなく、このまま結婚しても問題ないくらい将来の擦り合わせが済んでいる状態がベストです。

かといって、仮交際期間中にガチガチに全部決めないと先に進めないのかといったら全くそんなことはありません。

すべてを決めないと結婚できない

これは臆病の表れです。

擦り合わせたことも将来変わるし、価値観も人は変わっていきます。

自分は多少の困難があっても乗り越えていける!

それぐらいドッシリ構えられる人に成長していきましょう。

その点、KOKOの会員様は成長を遂げることができるので、人生においてはかなり有利だと思います。

失敗する真剣交際の切り出し方

どのように相手に伝えればいいのか。

それはまず、担当カウンセラーに相談するべきですが、真剣交際に入る前に本当に真剣交際に入って大丈夫なのかを感情だけではなく、なにを擦り合わせたのかを「見える化」して判断してください。

そのうえで、真剣交際の切り出し方ですが、失敗するパターンはこれです。

10回デートしたのでそろそろ真剣交際に入りませんか?

この切り出し方は、合理的で間違ってはいないと思います。

これでトントン拍子に話が進んでいくのであれば問題ありません。でも、大事なのは相手の気持ち。

「10回デートしたのでそろそろ真剣交際に入りませんか?」

これを言われて嬉しい人はいますか?

これはまるで、夏休みのラジオ体操に参加してスタンプが溜まったのでご褒美のマクドナルドのポテトをもらいに行くようなもの。

デートはスタンプカードではない

真面目すぎです。

◯回デートしたから真剣交際に入りませんか?

◯ヶ月交際をしたので真剣交際に入りませんか?

もし、これの何がいけないのか分からないのであれば、だいぶズレている感覚を持っていることを自覚したほうがいいです。

相手が喜ぶかどうかという視点を持ちましょう。

例えば、自分が「10回デートしたのでそろそろ真剣交際に入りませんか?」と言われる立場だったとします。

こんなふうに言われて嬉しいですか?

それよりも、

あなたといて楽しいし飽きない。こんな素敵な人に出逢えるとは思っていなかった。この先も真剣に考えていますので、私は真剣交際に入りたいです

こう言われたほうが嬉しくないですか?

どう考えても後者のほうが言われて嬉しいですよね。

では、違いはなんでしょうか。

答えは、「感情」です。

前者の言い方は感情が入っておらず、後者は感情が入っています。

人に伝えるときは感情が超重要!

なぜかというと、私たち人間は、感情で生きているからです。

なぜ婚活がうまくいかないか、それは出会う人に感情が芽生えないから。

なぜ婚活がうまくいくのか、それは「結婚したい」「この人ならいいかも」という感情が芽生えるから。

なぜ人は映画を観るのか、それは観ていて楽しいから。

なぜ人は仕事に行くのがイヤになるのか、それは「行きたくなーい」という感情が邪魔をするから。

そう、私たち人間は、感情で生きています。

だから、感情と感情がぶつかり合うことで泣いたり怒ったり好きになったりします。

逆に感情のないモノには人は基本感情移入しません。

例えば、あなたが普段家で夜ご飯を食べているテーブルに感情が芽生えて、「いつもありがとう〜!」と顔のほっぺたをスリスリしたとしても、感情が続くことはありません。

なぜなら、テーブルには感情がないから。

感情のないモノには感情の連鎖反応は起きない

でも、なぜ犬や猫などのペットは家族同様に扱うようになるのか。

犬や猫には感情があるからです。

「お互い合理的に効率的に感情無しでいきましょう」

そんな夫婦になるのであれば、感情のない告白でもいいと思いますが、だれがそんな結婚をするために婚活をしているのでしょうか。

失敗する真剣交際の切り出し方は、感情がなくロボットでも言えるような言葉で切り出すことです。

こんな切り出し方は受け取るほうは全然嬉しくありません。

お見合いでもデートでも真剣交際を切り出すときも真剣交際もプロポーズも結婚してからも「感情」を相手に伝えることを忘れないでください。

でもですよ?

もし、

10回デートしたのでそろそろ真剣交際に入りませんか?

と自分が言われた場合、「ロボットみたいに言われたのでやっぱり考え直します」と本音を相手に隠しながらカウンセラーに報告するのではなく、その場で相手に

えー!?そんなふうに言われても私は嬉しくないよ!ハイ、やり直し!(笑)5秒前に巻き戻し!ポチっ

と、笑って吹き飛ばすくらいの人間力を身に付けておいたほうが人生は楽しいですよ、絶対。

婚活必勝完全アニュアル
「KOKOリングロード」
プレゼント!

  • なぜ婚活がうまくいかないのか
  • 「良い人がいない」のはなぜか
  • 自分のなにがいけないのか
  • 幸せな結婚をするためにはどうすればいいのか
  • このまま生涯孤独になってしまうのか

婚活における全ての悩みや不安を解決し、婚活レースからいち早く抜け出して幸せな結婚をする方法をまとめた伝説の書籍、婚活必勝完全マニュアル『KOKOリングロード』を真剣に結婚したい方限定でプレゼントします。

もしもあなたが今婚活を6ヶ月以上していて真剣交際の相手が1人もいないなら、新聞よりもニュースよりも、最優先に読んで欲しい本です。

この記事を書いた人

小崎真作のアバター 小崎真作 婚活KOKO 執行役員

2020年、奥さんが壮絶な不妊治療を経て妊娠。切迫早産の危険性があり転院や入退院を繰り返したのち、無事娘を出産。
2023年、再び奇跡が訪れたが再度切迫早産の危険性があり奥さんが2ヶ月入院しその間ワンオペを経験。無事息子が誕生。現在は2人の子供の育児と仕事に奮闘中。