圧倒的に東京のほうが婚活しやすいその理由

先日、こんな方がいました。

地元にいて婚活していましたが、この度東京に転勤になり、活動地域が東京になりました。そうすると、申し込む相手の数も申し込んでくれる相手の数もビックリするほど違いがあり、本当に驚きました。

この違いの体験は、実際地方から東京へ転勤になりました。東京で婚活します。という方しかできないと思いますが、そうなんです。

残酷なことに、地方の婚活と東京の婚活は全然違うんです。

なにが違うかというと、母数です。婚活している母数が全然違います。なぜなら、

東京一極集中

だからです。

結局、これなんですよね。婚活もビジネスもするなら、やっぱり東京です。

例えば、婚活女子みんなが大好き「年収1000万男」

IBJではどれくらいいるかというと、「東京」だと1300人以上います。これを「関西」にすると300人くらいしかいないのです。

なんと、4倍以上の差があります。

しかも、「東京」1つと「関西」地方を比べて、です。

どれだけ違うのかお分かりいただけますか?

地域によっては何百倍も違うところがあります。

もちろん、『東京一極集中』ということは、ライバルも多いというワケなので婚活は戦略・戦術を練らないといけませんが、地方になると母数が限られるので行き詰まりになることが多いです。

もう答えは明確。

婚活しやすい地域は圧倒的に東京!

KOKOの会員さまでもともと地方に住んでいたけど結婚するために上京します!という方は、成婚するまでの時間は人それぞれ違いますが、全員成婚しています。

もう答えは出ています。

だからといって、東京を嫌ったり、自分の地域を嫌ったりしてほしくありませんが、結婚するためにまだまだできることがある人はいるのではないでしょうか。

たくさん出会えるから結婚できるかはまた別

ただ、本質的に言うと、出会いの数というのは大事ではありません。

極端な話、体重300kgの人が1万人とお見合いしても出会いをムダにするのと同じように、たくさんの人に出会えるから結婚できる!というのはある種、他力本願です。

あくまでも結婚できる可能性が高いというだけで、自分が出会える人数の中でどのように考えていくかのほうが大事です。

とはいえ、お見合いは確率論だったりもするので、ある程度の母数は必要です。

人生にはいろんな選択肢があります。

どう選ぶかは自分次第ですが、人間は欲望の塊でゲスい生き物なので、全部手に入ると思っています。

女性なら、たとえ無人島に住んでいたとしても、高収入で高学歴でイケメンで優しくてなんでも話を聞いてくれるような人と結婚できると思っています。

男性も同じでたとえ無人島に住んでいたとしても、可愛いくてキレイでボンキュッボンで家事も育児も全部やってくれる人と結婚できると思っています。

「いやいや、だれが無人島に住んでいる人と結婚するかよ」

と思うと思いますが、人は自分のことになると、調子のいい生き物なので、結婚は全部自分の思い通りにしたくなります。

どれだけ自分の条件が悪くても。

でも、婚活している人はとりあえずの目標が「結婚」ですよね。

これが一番優先順位が高く、最大の目標なのではないでしょうか。

じゃあそのために、100%コミットして、邪魔になるものは捨てられるか。いや、できません。それなら、結婚できるまでに時間がかかって当然、年を取っていくのも当然。

結局あなたはなにがしたいんですか?

婚活必勝完全アニュアル
「KOKOリングロード」
プレゼント!

  • なぜ婚活がうまくいかないのか
  • 「良い人がいない」のはなぜか
  • 自分のなにがいけないのか
  • 幸せな結婚をするためにはどうすればいいのか
  • このまま生涯孤独になってしまうのか

婚活における全ての悩みや不安を解決し、婚活レースからいち早く抜け出して幸せな結婚をする方法をまとめた伝説の書籍、婚活必勝完全マニュアル『KOKOリングロード』を真剣に結婚したい方限定でプレゼントします。

もしもあなたが今婚活を6ヶ月以上していて真剣交際の相手が1人もいないなら、新聞よりもニュースよりも、最優先に読んで欲しい本です。

この記事を書いた人

小崎真作のアバター 小崎真作 婚活KOKO 執行役員

2020年、奥さんが壮絶な不妊治療を経て妊娠。切迫早産の危険性があり転院や入退院を繰り返したのち、無事出産。現在、娘をデキアイ中。