真剣交際が楽しくない!?それは破談の可能性大だからちょっと待った!

真剣交際に入られた方に「実際、真剣交際に入られてどんな心境ですか?」と聞くと、「実感がない」と答える方が多くいらっしゃいます。

そこで気付くんです。真剣交際というのは名ばかりなんだと。

あくまでステータスはステータスでしかなく、真剣交際に入ったからといってなにか特別に変わることは実際ありません。

でも、仮交際のままでは成婚できません。

なので、まずは真剣交際を目指すべきなのですが、実際真剣交際に入ったら入ったで今度は別の悩みにドカンと押しつぶされそうになります。

それは、

私はこのまま結婚するのか

という悩み。

大抵の場合、この悩みに直面している時点で真剣交際が楽しくなくなっていて、ただデートをこなして作業面を進めているような感覚になっています。

これは苦痛…

なぜこのような悩みを抱えてしまうのか

それはいくつかの原因があります。

成婚ブルー

マリッジブルー、マタニティブルーという言葉がある通り、婚活にも『成婚ブルー』が存在します。

真剣交際に入って成婚が近くなると、

「私はこのまま結婚するのか」

「この人で本当にいいのか」

「自信がないけど大丈夫か」

という現象に陥ります。

これはだれにでも起こりうる現象です。

感情面が邪魔をする

婚活には、感情面と作業面同時に進めないといけないから難しいという話を何度もしていますが、相手に感情が入っていないと「まだ相手のことを好きになれてないけど本当にこんな人と結婚していいのか」と感情面が邪魔をしてきます。

人は好きな人と一緒になりたいもの。シンプルです。

感情がついていってないと楽しさを失ってしまいます。

作業面が邪魔をする

結婚するためには事務的に進めないといけないこともたくさんあります。

将来の擦り合わせ、新居探し、親への挨拶、指輪探し、プロポーズ、成婚退会、引越し、入籍、などなど、ドライな言い方をするならこれらは全部「事務的な作業」です。

さらに、籍を入れたら女性は大変です。

苗字が変わるわけなので、今まで登録している銀行口座やクレジットカード、戸籍、パスポートなど全部変更しないといけません。これが超面倒くさい。

男性の方、結婚後は圧倒的に女性のほうが大変なので覚えておいてください。

結婚したいけど怖い

人は身勝手な生き物で、結婚したくて婚活を始めたのに、いざ結婚が近くなると結婚が怖くなります。

これで悩んだりすることをマリッジブルーと呼んだりしますが、その見えない未来だからこそ襲ってくる恐怖と私たちは戦わないといけません。

以上のように、真剣交際に入るとまるで、天使と悪魔のような声が聞こえるようになります。

このまま結婚すればもう婚活しなくていいんだ、このまま進んでしまえ!

イヤイヤ、ちょっと待って。本当にこのまま結婚しちゃっていいの?

もはや、どっちが天使の声でどっちが悪魔の声か分かりませんが、必ず葛藤があります。

人によっては精神的に疲れて病んでしまいます。

これらは相手がどうとかではなく、根本的に自分に原因がある場合がほとんどですが、とはいえ、真剣交際に入っているのですから、ここまで来たら2人の問題です。

自分の問題は相手の問題でもあり、相手の問題は自分の問題でもあります。

でも、なぜか真剣交際に入ってもお互いの心のうちを打ち解けないでいるカップルもいます。

これではまるで、「仮真剣交際」です。

幸せになることから逃げるな!

まだまだ真剣に向き合うということがどういうことなのか、イメージがつかないでしょうか。

でも、多くの人が、

分かち合いたい
お互いに尊重し合える関係
一番の理解者
一番の味方
なんでも話せる関係

こんなパートナーを望んでいるハズです。

あなたもきっとそう。

なのに、真剣交際に入っても仮面を外せないでいる方がいます。

幸せになる準備ができてない

真剣交際に入ってからも真剣に!

真剣交際に入ったらもっともっとコミュニケーションを取らないとダメです。

特に、相手を見ながらコミュニケーションを取ること。

相手は不安に感じていないかな。不安に感じているとしたらどこに不安を感じているかな。最近元気ないな、どうしたかな。仕事忙しそうだな、なにしたら喜んでくれるかな。

そんなことをたくさんたくさん考えてコミュニケーションを取っていくんです。

コミュニケーションをサボったらその分ツケが回ってきます。

コミュニケーションが苦手の方は、婚活KOKOで用意している講座で実践練習を重ねていくことをオススメしますが、真剣交際に入ったら勝手にうまく進んでいくだろうと考えている人が多いです。

まだまだ甘い!

自分だけの問題ならまだいいです。

でも、結婚は2人で進めていくもの。

相手をもっと見て聞いて触れないと距離は近いようで実は遠いのです。

真剣交際が楽しくなかったら、そのままを相手に伝えればいいじゃないですか。

正直に言っていい?なんか最近事務的に進めてることが多くて、あなたとの時間を楽しめていない自分がいる。ごめんなさい。あなたはどう?

と打ち明けることをすればいいのです。

そして、

じゃあどうやって明るい未来を作っていこうか

と真剣に話し合うこと。

そんなこともできないでどうやって家庭を作っていくのでしょうか。

コミュニケーションがまだまだ全然足りない!

もっと相手と時間を過ごすこと
もっと相手に耳を傾けること
もっと相手に触れること
もっとオープンに自分のことを曝け出すこと
もっと相手が喜ぶことをすること
もっと好きになってもらおうとすること

婚活必勝完全アニュアル
「KOKOリングロード」
プレゼント!

  • なぜ婚活がうまくいかないのか
  • 「良い人がいない」のはなぜか
  • 自分のなにがいけないのか
  • 幸せな結婚をするためにはどうすればいいのか
  • このまま生涯孤独になってしまうのか

婚活における全ての悩みや不安を解決し、婚活レースからいち早く抜け出して幸せな結婚をする方法をまとめた伝説の書籍、婚活必勝完全マニュアル『KOKOリングロード』を真剣に結婚したい方限定でプレゼントします。

もしもあなたが今婚活を6ヶ月以上していて真剣交際の相手が1人もいないなら、新聞よりもニュースよりも、最優先に読んで欲しい本です。

この記事を書いた人

小崎真作のアバター 小崎真作 婚活KOKO 執行役員

2020年、奥さんが壮絶な不妊治療を経て妊娠。切迫早産の危険性があり転院や入退院を繰り返したのち、無事出産。現在、娘をデキアイ中。