婚活が早く終わる人と何年も婚活している人の違い

「結婚したい、でも出会いがない」だから婚活している人が多いと思います。目的は同じ「婚活」をしても早く終わる人と何年も何十年も婚活している人がいます。この違いはなんなのでしょうか。

婚活は大変なことも多く、体調を崩す人もいますが、幸せになるための活動です。そして、たった1人のパートナーが見つかれば婚活は終わるもの。

一生やるものではなく、終わりがあるもの。

婚活している人全員がまずはこの終わりを目指すべきです。

でも、中には暗いトンネルから抜け出せる気がしないと彷徨い続けている方もいます。今回のコラムが婚活を今日から早く終わらせられるヒントになることを願っています。

婚活が早く終わる人の共通点

婚活が早く終わる人の平均婚活期間

短期成婚となると、婚活を始めて3ヶ月から6ヶ月くらいが平均です。実際に婚活KOKOでも入会後、最短で2ヶ月半でご成婚という方がいらっしゃいます。

信じられない人も多いと思いますが、やはり3ヶ月くらいで婚活を終わらせられる方は一定数います。逆も同じで、何年何十年も婚活をしていますという方も一定数います。

どちらのほうが最終的に幸福量が多いのか、それは分かりませんし測ることもできませんが、

婚活は長引かせるものではありません

好きで長引かせているわけではありません!

と言う声が聞こえてきそうですが、逆に言うと、婚活は延々やろうと思えばできるものです。なぜなら、受験や就活のように締め切りがないからです。

60歳、70歳、80歳になっても婚活はできるものですが、何十年も婚活はしたくないはずです。気力も体力も無くなってから婚活なんてしんどくてできないですよね。

かといって、早く婚活を終わらせることが正解なのかといったら難しいですが、早く終わらせる意識を持つことは超重要です。

今からでも遅くないので、「数ヶ月後に婚活を終わらせて入籍する」そこに飛び込んでいくという勇気を持つこと。

心理学的アプローチ:婚活を早く終わらせるための心構えとは?

婚活KOKOの発信を見て、「自分の甘さに気付きました」と入会相談をくださる方はだいたい早くご成婚されます。

また、根性があり多少時間がかかっても最後まで婚活をやり遂げます。

結局、婚活が早く終わる人と婚活が長引く人の差は「意識の差」です。まず、ここが圧倒的に違います。

でも、気持ちは分かります。

なんとなく婚活していれば、なんかうまくいきそうな感じがありますよね?ただ出会いが多ければなんとなく結婚できる気がしますよね?

そうなんです、大半の人がなんとなくお見合いしてなんとなく仮交際をしていればその内結婚できると思っているんです。

自分は普通に婚活していれば普通に結婚できる側の人間だと思っています。その意識が甘いのです!

自分の意識が問題ではなく、ただいい人がいないだけだと思い込んでいる!

「自分はこのまま婚活していてはダメなんだ、意識も行動も変えないと結婚できないんだ」と1日でも早く気付くことができた人が婚活はうまくいきます。

今まで婚活が長引いて苦労していてもいいんです。今この瞬間に、自分の甘さに素直に気付いて行動を取れる人はこの先明るいでしょう。

効果的なコミュニケーション術:婚活が早く終わる人の共通スキル3選

物腰低くて丁寧

入会相談のメールの文章
入会までのやり取り
登録後のカウンセラーとのやり取り

この3つで婚活期間がほぼ決まっています。

「そんなわけないでしょ」と思ったかもしれませんが、これは事実です。この3つを見ると、この人は早くご成婚されるだろうなぁという人と、この人は婚活が長引くなぁという人に分けられます。

おそらくこれは、結婚相談所側の人間は、「ほんとそうですよね〜」と共感すると思いますが、婚活が早く終わる人は文章が物腰低くて丁寧です。

結婚相談所側に対して物腰低くて丁寧ということは婚活で出会う人に対しても物腰低くて丁寧なんです。選ばれて当然ですよね。

コミュニケーションの回数が多い

婚活がうまくいく人は、コミュニケーションそのものの回数が多いです。それはもちろん、担当カウンセラーに対してもそうだし交際相手に対してもそうです。

婚活がうまくいかない人はコミュニケーションの回数で悩み、婚活がうまくいく人はコミュニケーションの回数では悩みません。

でも、これは接触頻度を多くしようという意識がないとできないのです。もっと相手を知らないといけない。もっと自分を知ってもらわないといけない、という意識があるので、コミュニケーションの回数が多くなります。

でも、婚活が長引く人は、相手となにを話したらいいか分からないと言います。

ユーモアがある

婚活がうまくいく人は、LINEでも対面でもユーモアがあり、どこかクスッと笑ってしまうことがあります。

例えば、カウンセラーにへの報告でも、文章を読んでいてクスッと笑ってしまうことがあります。でも、婚活が長引く人は報告文が固くハッキリ言ってつまらない傾向にあります。

必ずしもオモシロおかしくする必要はありませんが、他人に対してサービス精神がある人というのはやっぱり婚活でもうまくいきます。

婚活が早く終わる人の5つの特徴

数ヶ月で婚活が終わる人の1つ目の特徴:素直

やっぱりまずはコレなんです。素直さ。

素直な心で婚活に取り組むことができるかどうかです。よくお問い合わせでいただく質問として、「どんな人が登録しているのかを知りたい」があります。この気持ちは分かります。

どんな人がいるのか、気になって当然です。でも、大事なことはそのあと。

そうか、そういう人たちがいるのか。じゃあ自分はこういうふうにしていけばうまくいくかもしれない

という思考を持つことです。

でも、素直さもなく偉そうにしている人は、「想像と違いました」と言います。

婚活は、

1・素直に婚活自体を認めること
2・素直に自分自身の立ち位置を認めること

から始まります。この姿勢がない人はやはり婚活で苦労しています。

もしかしたら他責思考なので苦労していると思っていないかもしれませんが、素直さがないと婚活はうまくいきません。

カウンセラーからのアドバイスにしてもそうで、素直な人はカウンセラーが言ったことに対して、その通りに動いたりアドバイスを参考にして知恵と工夫で乗り越えていきます。それも素早く!

でも、素直さがない人は「こうこうこうです」というアドバイスに対し、「そうですよね。それはこうでこうなんですよね。なんかどうも…」とまた同じようなことをグルグル繰り返して相談します。

これはもちろん、カウンセラーのアドバイスの仕方にもよりますが、「解決策はこうです」と伝えても、「分かりました!ありがとうございます!」でスパッと終わらないのです。

分かってもないのに分かったというのは良くないですが、何度も同じようなことを相談して、カウンセラーが答えてもまた勝手に自分で悩みます。

結婚のことなので心配性になるのも分かりますが、変に素直さが欠けていても婚活は苦労します。

数ヶ月で婚活が終わる人の2つ目の特徴:行動力

婚活が早く終わる人はやはり行動力があり、毎回驚かされます。

例えば、地方から東京に入会面談に来て、買い物同行も依頼され、何十万も購入していく方や毎月新幹線や夜行バス、飛行機に乗って『婚活必勝講座』に参加される方、3週間で20回以上デートする方、往復9000kmの距離を毎月彼女のために往復する方など、それなりに早く婚活がうまくいく方はそれなりに行動力があります。

これは当然ですよね。チンタラ婚活していてスッと婚活が早く終わることはありません。

数ヶ月で婚活が終わる人の3つ目の特徴:決断力

決断力も大事な能力です。

結局、最後に1人を決めるのも決断力です。この人とは未来がないなと見極めるのも決断力。

でも、婚活が長引く人は1人に決められない。「この人で本当にいいのか分からない」と悩み、結婚するのが怖くなり、現実逃避しようとします。

婚活の最後は決断することなんですが、これがなかなかできません。

また、仮交際を終了するのも時間がかかります。「もう1回会ってから」「もう1回会ってから」と決断するのが怖くなります。

気持ちは分かりますが、決断力がある人は成婚するまでの期間も短くなります。

数ヶ月で婚活が終わる人の4つ目の特徴:明るく前向き

「婚活は大変。でも、絶対に早く終わらせて次のステージにいくんだ!」と明るく前向きに婚活に取り組める人は、やはり数ヶ月でご成婚される傾向にあります。

明るく前向きな方の婚活を見ていると、純粋にカウンセラー側も応援したくなりますし見ていて気持ちがいいです。

でも、婚活がうまくいかない人は、なんかウジウジしているのです。悩むのも分かります。ウジウジするのも分かります。

でも、明るく前向きに捉えていく、明るく前向きに行動していく、そんな人がやはり好かれるのではないでしょうか。

数ヶ月で婚活が終わる人の5つ目の特徴:学ぶ姿勢

婚活KOKOの会員さまにはこんなことを仰る方がいます。

自分の考えなんてアテにならない

こう思えるってすごいですよね。普通はなかなかできません。

ましてやある程度年齢や経験を積んでいると少なからずプライドや驕りがあるもの。でも、中途半端に自信がある人はなかなか成婚に至りません。それは、専門家に全て託しきれないからです。

例えば、一軒家を建てるとき。自分にはDIYの経験があって、知識もある程度持っているから、大工さんに「この部屋を組み立てるとき私も少しやらせてください」とお願いする。

こんなのは大工さんからしたら迷惑でしかないですよね。専門家に全て任せたほうが絶対早く終わるし確実なんです。

でも、学ぶ姿勢がない人は、婚活を自己流でやろうとします。その結果、周りに迷惑をかけます。

まずはなにも知らないことを知ること!

プライドが高く、人から教わりたくない人は、本当に結婚まで時間がかかります。おそらく、結婚できたとしても結婚後、相手が苦労すると思います。

婚活が早く終わる人の性格

婚活が早く終わるか長引くか、これは人がもともと持っている性格にも実は関係があります。

もともと、明るい性格だったり楽観的だったり、あまり悩むことがありません、という方はうまくいきます。でも、人見知りやマイペース、圧倒的に自信がない方だとやはり婚活は難しいです。

マジメすぎる人も婚活はうまくいきません。

でも、「性格なので変えられません」という方もいると思いますが、過去にこんな方がいました。

5ヶ月半でご成婚されたアラサー女性がいたのですが、「この方は本当に大丈夫か?」と最初は心配だったんです。なぜかというと、登録時から面倒くさい系の女性だったからです。

サイトへの連絡事項もチェックせず書き込まない
お見合い前日になってもお見合いを確認しない
他の人は絶対書かない意味不明な報告をする

なにをどうしたく婚活しているのか分かりませんでした。

でも、何度も何度も「このままだと結婚なんて無理ですよ」とクギを打ち続けたら、ある時からガラッと変わったのです。

全く別人のような丁寧な文章、レスポンスの早さ、カウンセラーに対する態度も変わっていったのです。

人は変わることができる、そう学ばせていただきました。

なので、「自分の性格上、婚活は難しいかもしれない」と思っている方は、ご安心ください。人は変わることができるんです。

婚活が早く終わる秘訣とは?

『結婚できる婚活』をするという概念を持つ

あなたがなるべく早く結婚したいのであれば意識することはただ1つ。

思ってること
言ってること
やってること

すべてを一致させること、すなわち、

気言動一致させることです。

「結婚したい!」という思いは素晴らしいです。でも、夢を叶えるためにはそれに伴う行動が必要。

ある日突然結婚してた!みたいなそんなマンガのような異世界転生はあり得ません。

でも、

婚活してるってことは婚活していない人よりは行動しているでしょ?なにがいけないの?

と思ったかもしれません。

おっしゃる通り、お見合いして交際して考えていく婚活は行動をしています。でも、婚活の中でも“動き方”があります。

動き方が悪いCASE 1

例えば、KOKOが提携しているスタジオのカメラマンさんがこんなことを仰っていました。

他社の入会者さんは本当にその服装でプロフィール写真を撮るの?とビックリすることがある

スタジオでプロフィール写真を撮るというのは立派な行動です。その辺の風景を背景にして自撮りするよりよっぽど良いことです。

でも、ただスタジオで写真を撮ってもダメなんです。

なんのためにプロフィール写真を撮りますか?

お見合いを組むためですよね。もっと言うと、結婚するためですよね。

顔の表情や髪型、女性ならメイクの仕方、異性の目を引く服装など、プロフィール写真を撮るという行動の中でも“動き方”があります。

「結婚したい!と思ってるし言ってる。でも、あんまり考えずプロフィール写真を撮った」

これは、気言動一致してないんです。

動き方が悪いCASE 2

他にも、高収入・高学歴・高身長・イケメンを狙うためにお見合い申し込みをしている。

一見、行動できていると言えば行動できています。でも、高収入・高学歴・高身長・イケメンがどういう奥さんを望んでいるかは全然知りません。考えたことがありません。

これも、気言動一致してないんです。

婚活はより早くより効率的にコトを運ぶためにはどうすればいいかを考えながら行動していくもの

多くの人が目標を達成するための最適な行動の仕方を取ることができていません。

というより、概念そのものがありません。

でも正直、

大して考えなくても行動しなくても婚活していれば、なんかうまくいきそうな感じがありますよね?

ただ出会いが多ければなんとなく結婚できる気がしますよね?

そう、さも出会いがあればだれでも簡単に結婚できますと夢を見させるのが、テレビCMやYoutube広告の目的です。それを信じた結果、

え、全然結婚できないんですけど

とKOKOに相談に来る方が後を絶ちません。

人は大きい失敗か大量の時間をムダに消費するかのどちらかを経験しないと、問題点があることに気付かないのです。

でも、もし今あなたが「そうか、ただ無闇に婚活してもダメなんだ」と少しでも気付きがあったのであれば、そんな自分を大事にしてください。あとは、

・思ってること
・言ってること

に伴う最適な行動を取るだけです。

婚活が早く終わる特徴を持っているのに婚活が長引く人

これを読む方でこんなことを感じた方もいると思います。

私は婚活が早く終わる特徴を持っているけど全然うまくいっている気がしない。なんでだろう???

私たち婚活KOKOのカウンセラーは努力されている会員さまがいることを存じ上げております。「なんで自分だけがうまくいかないんだ?成婚事例を聞くと、正直落ち込む」こんな痛みを持っている方がいることも存じ上げております。

なぜうまくいかないのか、それは正直「タイミング」の問題もあります。

そのタイミングはいろいろです。あと数年早く婚活していれば運命の人に出会えていたかもしれません。たまたま「いい人」が立て続けに成婚されてゴッソリ抜けたタイミングだったかもしれません。自分がいいなと思った人がもう真剣交際間近だったかもしれません。

逆に、数年遅く婚活していれば運命の人に出会えるかもしれません。

それは分かりませんが、「たまたまのタイミング」というのは実際にあります。でも、良きタイミングで良い人に出会うためには気言動一致を一貫しないとその「タイミング」というのは訪れないのです。

ド短期ではなくても成婚される方は、

「一貫するのが本当に辛かった」

「モチベーション維持が本当に大変だった」

と語ります。

でも、実際たまたま鳥のフンを頭に落とされるように、たまたまのタイミングで婚活がうまくいかないことがあります。

あとは、正直、「地域×年齢」の問題もあります。例えば、38歳女性が東京で婚活する、38歳女性が地方で婚活する、同じ婚活ではありますが、全く違う婚活の中身になります。

失敗から学ぶ!婚活を早く終えるための3つの避けるべき罠

さて、最後は、自分の失敗を語ってくれた会員さまから集めたワナというのをご紹介します。

自分の失敗を正直に語ってくれる方もいるんですよね。すごいですよね。しかも、1人ではなく。

普通は自分の過ちや失敗というのは恥ずかしくて人に言えません。自分の過ちや失敗は認識したくないものです。

それを赤裸々に語るって普通はできません。

婚活KOKOが10年以上続いている要因は間違いなく会員さまの支えもあって成り立っているものだと常々感じます。

婚活が長引く罠1・もっといい人がいる

婚活をやっていると、それなりにお金や時間、労力を投資します。だから、「自分にはもっといい人がいるんだ!」というバイアスが必ずかかります。

でも、大事なことは「出会えた人の中からこの人でいくんだ!と決断力を持つこと。自分は結局その背中を押してくれるカウンセラーさんがいたので決断できました」と語ってくれた会員さまがいました。

「もっといい人がいるかもしれない」この気持ちは分かる方が多いと思いますが、この思考回路だと婚活は長引きます。

婚活が長引く罠2・他人事として考えている

「塞ぎ込みたくなるほど芯をついた言葉で本当は言い返したかったけど、本当のことだった」

これは成婚のお祝いをしたときに聞いた話ですが、「そこまで言ってくれる人は今までいませんでした」と言うのです。

でも、その言葉自体はコラム等で言っているんです(笑

これはどういう現象が起きているかというと、人はなんでも他人事のように捉えるクセがついているということなんです。

実際に今回のコラムは、「婚活が早く終わる人」というテーマで書いていますが、「そうか!そういうことね!じゃあこういうふうにしていこう!」と考えて実行できる方はおそらく1人いるかいないか、です。

この先このコラムは何千、何万人に読まれると思いますが、「自分のことだ!」と見つめ直して行動する方は1人ぐらいなんです。大勢の方が他人事だと思っています。

でも、「自分のことだ!」と捉えて吸収して婚活したほうが絶対に婚活を早く終えることができます。

婚活が長引く罠3・なんとなく婚活

これは結局「意識の差」になるのですが、婚活KOKOでは他社で活動していたけどうまくいかなかった方が入会されることが多くあります。

この方達は、「自分のやり方ではダメなんだ!」と気付いて入会相談をされます。

つまり、なんとなく婚活をしていればうまくいくと思っていたということなんです。

先日も個別相談を非会員さまと行ったときに、「なんで今まで婚活がうまくいかなったんですか?」と聞いたら、

真剣度が足りなかった

と仰っていました。

これはある意味、仕方ない気がします。

なんとなく婚活していれば自分はササっとうまくいきそうな気がしますよね。

でも、それはワナです。なんとなくやっていればうまくいくというのは、ワナだということにいち早く気付いてほしいなと思います。

以上、『婚活が早く終わる人と何年も婚活している人の違い』をご紹介しましたが、あなたは今日から心機一転!婚活します!となったら、どちら側の人間になりたいでしょうか?

すべて自分事と捉え、ぜひ婚活が早く終わる人の真似をしてみてください。

あなたは幸せになるために婚活しているハズです。

婚活必勝完全アニュアル
「KOKOリングロード」
プレゼント!

  • なぜ婚活がうまくいかないのか
  • 「良い人がいない」のはなぜか
  • 自分のなにがいけないのか
  • 幸せな結婚をするためにはどうすればいいのか
  • このまま生涯孤独になってしまうのか

婚活における全ての悩みや不安を解決し、婚活レースからいち早く抜け出して幸せな結婚をする方法をまとめた伝説の書籍、婚活必勝完全マニュアル『KOKOリングロード』を真剣に結婚したい方限定でプレゼントします。

もしもあなたが今婚活を6ヶ月以上していて真剣交際の相手が1人もいないなら、新聞よりもニュースよりも、最優先に読んで欲しい本です。

この記事を書いた人

小崎真作のアバター 小崎真作 婚活KOKO 執行役員

2020年、奥さんが壮絶な不妊治療を経て妊娠。切迫早産の危険性があり転院や入退院を繰り返したのち、無事娘を出産。
2023年、再び奇跡が訪れたが再度切迫早産の危険性があり奥さんが2ヶ月入院しその間ワンオペを経験。無事息子が誕生。現在は2人の子供の育児と仕事に奮闘中。