仮交際を会わずに終了してはダメなケースとOKなケース

「仮交際を会わずに終了」

これだけ切り取ると、スゴく残酷なことをしているように見えます。

結婚相談所を通しての婚活では、基本的には仮交際に入ったら一度は会いましょうというルールがあります。

それはなぜか。

そもそも、会う気がないなら仮交際に進まなければいい話です。また、婚活はワガママな子供の活動ではありません。いい年をした大人同士が婚活しているので、やはりそこにはルールやマナーがあります。

逆に自分が仮交際相手から会わずに終了されたらイヤな気持ちになりますよね。

仮交際に進んだら1回は会う。

これは礼儀であり、誠意です。

でも、人にはいろんな事情があるので、仮交際を会わずに終了することは可能です。ただ、その際は、ルール違反ということでペナルティーが課せられます。

平均で2万円のペナルティーを所属する相談所に支払うことになります。

しかし、これは相手相談所にも迷惑をかけることになるので、自分都合で仮交際を会わずに終了した場合は、ペナルティーが発生し、相手相談所に迷惑料をお支払いするのが通常です。

なので、基本的には、仮交際を会わずに終了はやめましょう。

あなたの印象も悪くなるので、デメリットしかありません。ただ、気持ちは分かります。

仮交際なのに会わずに終了したくなるケース

交際相手と会う気がなくなってしまった

軽い気持ちで交際希望を出し、交際成立した。でも、実際LINEは思ったほどスムーズにいかないし、次回のデートもなかなか決まらないしでなんだか会う気がなくなってしまった。

こんなことはだれでもあるでしょう。

だからこそ、仮交際成立したらパパッと日程調整をしてデートをしたほうがいいんです。

ダラダラして、ナァナァになったら、会う気は無くなってしまうのは必然なような気がします。

相手のことが最初から好きだったらいいですが、この段階ではまだお互い気持ちが乗らない状態であることがほとんどです。

交際相手と交際を続けていくのが面倒になってしまった

結婚したいと思って婚活しているのに、婚活が面倒くさくなってしまうことがあります。

結局、自分はどうなりたくてなにがしたいか分からなくなると、交際を続けるのがしんどくなるでしょう。

だからといって、会わないで終了する。これを何度も繰り返す。

もしも、こんなことをしている方がいたら、婚活はしないほうがいいでしょう。人に迷惑をかける人はやはり結婚は難しいです。

リスケ、リスケで1ヶ月以上会わなくなった

婚活にはこんなこともあります。相手の体調不良、自分の体調不良、急な仕事、身内の不幸などで、1回目のデートが延期、また延期…そうなると、なんだかもう顔も忘れてしまって、会う意味が分からなくなってしまいます。

こうなると、正直ダルいですよね。「もう会わずに終了でいいかな」と思っちゃいますよね。

ただ、基本は、1回目デートのあと、どうなるか分からないにしても仮交際したからには責任を持つべきです。

その責任というのは、

キチンと相手と向き合う覚悟を持つことです。

それが誰に対してもできないのであれば、自分の婚活を見直したほうがいいでしょう。

仮交際で会わずに終了してもOKなケース

こんなケースもあります。

会わずに終了!

「えーいいんだ!よし!やろう!」と、ならないようにしてください。

仮交際で会わずに終了はマナー違反で、迷惑行為なので、なるべく控えたほうがいいです。これが大前提。

ただ、実際にこんな方もいました。

仮交際3回目のデートまでしていて、お互いノリ気で将来の擦り合わせもできていて、2人の間で真剣交際の話も出ている。でも、自分は先日、お見合いが2件あって、どちらも仮交際成立となった。

この時点で本命1人、まだデート1回もしていない相手が2人。

この方はどうしたかというと、潔く2件分のペナルティーを払って会わずに終了し、本命に集中した。そして、見事3ヶ月でご成婚となりました。

でも、難しい決断だったと思います。

普通は、本命がいたとしても、「もうちょっと考えたいな」とか「せっかくだから比べてみたい」などの欲が出ます。

特に、これは申し訳ない言い方になりますが、本命よりも仮交際成立になったばかりの人のほうがイケメンだったり、美人だったりすると余計に悩みます。

ただ、この会員さまは2人とデートすると自分に迷いが生じると思い、「選択」と「集中」そして、「決断」と「覚悟」をされました。

なかなかできないですよね。

おそらくこのとき、欲が出てもう2人とデートしていたら本命との未来に迷いが生じたと思います。3ヶ月ではご成婚に至らなかったでしょう。

婚活では、時には、「選択」と「集中」をしなければいけないときがあり、常に「決断」の連続で、最終的には「覚悟」なんです

ただ、一度も会わずに終了はペナルティーではあるので、違反行為ですが、一番大事にしなければいけないのは、自分の結婚です。

周りの目が気になる、カウンセラーの目が気になる…ではないんです。

最優先は自分の結婚なハズ!

あとは、カウンセラーが相手相談所に謝れるので任せます。それもカウンセラーの仕事です。

ただ、この場合は、本命の人とどこまで話ができているかを見極めないといけません。

選択と集中しました!でもすぐにダメになりました。

これでは、ただただ残念です。

なので、自分だけの気持ちが暴走していないかは冷静に考えましょう。

ただ、何度も言うように、仮交際になったら一度は会うべきです。なるべく早く。

仮交際をするということは、相手の人生の中にお邪魔するようなイメージです。お邪魔するからには誠意、礼儀、責任が必要です。

婚活では、誰に対してもキチンと向き合う覚悟を持ちましょう!

逃げてばかりだとあとでツケが回ってきて痛い目を見ます。

婚活必勝完全アニュアル
「KOKOリングロード」
プレゼント!

  • なぜ婚活がうまくいかないのか
  • 「良い人がいない」のはなぜか
  • 自分のなにがいけないのか
  • 幸せな結婚をするためにはどうすればいいのか
  • このまま生涯孤独になってしまうのか

婚活における全ての悩みや不安を解決し、婚活レースからいち早く抜け出して幸せな結婚をする方法をまとめた伝説の書籍、婚活必勝完全マニュアル『KOKOリングロード』を真剣に結婚したい方限定でプレゼントします。

もしもあなたが今婚活を6ヶ月以上していて真剣交際の相手が1人もいないなら、新聞よりもニュースよりも、最優先に読んで欲しい本です。

この記事を書いた人

小崎真作のアバター 小崎真作 婚活KOKO 執行役員

2020年、奥さんが壮絶な不妊治療を経て妊娠。切迫早産の危険性があり転院や入退院を繰り返したのち、無事娘を出産。
2023年、再び奇跡が訪れたが再度切迫早産の危険性があり奥さんが2ヶ月入院しその間ワンオペを経験。無事息子が誕生。現在は2人の子供の育児と仕事に奮闘中。