初回ランチデートでお店を予約するときに気がかりなこと

こんな質問が寄せられました。

お見合いも順調にクリアして、初回のランチデートになりました。 少し細かい質問になりますが、予約の際、予めコースで予約を取らざる得ないレストランが多いです。感じの良いレストランは、席だけ予約して、当日にコースを選ぶという事が出来ないところが多いです。その場合、予めコースでの予約のレストランだと、お相手女性に強制している感じがして、、。自由に選べる権利がなくて、、。または、予約する際に、例えば、Aコース、Bコースがあってどのコースがいい?と聞くのも野暮ったくて聞けません。女性はどう感じるものなのでしょうか⁈それとも、お相手が決めたレストランだから、そんな事は感じず、むしろありがたく感じるものなのでしょうか? どうなんでしょう⁈

質問者様ありがとうございます。

まず感動しました。

この方のように

「ちゃんと女性のことを考えてくれる婚活男性がいる」

それは当たり前なことではありません。

これを読む女性の方も嬉しかったのではないでしょうか?

この質問者様は普通の気遣いの向こう側へ行かれていて素晴らしいと思いますが、でも、こういうことで悩みますよね。

「こんなことで悩んでいいのかな?」

なんてことも時には出てくるでしょう。

初回デートだからせめて予約を

初回のランチデートなのでコースを予約しておいていいでしょう。

ただし、

アレルギーや苦手な食べ物は先に聞いておいたほうがいいです。

自分がアレルギーを持っていないと当然ですが、アレルギーのことが頭にありません。

こちらでお店を予約しますがなにかアレルギーや苦手な食べ物はあったりしますか?

と聞いておいて当日、

お口に合うか分かりませんが

とメニューがお相手女性に合うか気にします。

そこで普通なら

「美味しいです。こんな素敵なお店を予約してくださってありがとうございます」とニコッと言ってくれると思いますので

女性の方は『感謝+感情表現』をしたほうが愛嬌が出ます

そこで、

実は、〇〇さんとのランチすごく楽しみしていたのですが予約するとき勝手にコース頼んだらなんか強制してる感じがしてどうしたらいいかすごく悩んだんですよね。
かと言って、AコースとBコースがありますがどちらがいいですか?と聞くのもなんか微妙じゃないですか

とハニカミながら悩んだことをそのまま伝えます。

そうすることで女性は、

「そこまで考えてくれたんだ嬉しい!」

となります。

質問者様と同じ感性であれば。

ほとんどの方が悩むことがダサいとかそんな姿見せたらプライドがとかを気にします。

でも、

「実はあなたのためにすごく悩んだんだー」

というのは感情表現でもあり自己開示でもあります。

「伝わっている」
「察してくれ」

と思っているからミスコミュニケーションが生まれます。

婚活女性の心理を無視しない

初回デートランチなので、あまりにも気遣いされると相手も「なんか申し訳ないなぁ」と感じてしまうので難しいところではありますが、とは言っても、ディナーよりもランチのほうがまだ軽いですよね。

相手も分かっていると思います。

ここで万が一、女性はコースを目の前にして顔が曇ったのであれば、それは聞きましょう。

もしかして、お気に召さないですか?

相手が明らかに態度を悪くしても、もしかしたらそれは間違った解釈をしている可能性も十分にあるので、その場で質問します。

また、もし初回デート前に気軽に電話できる関係性なのであれば、その場のノリでどのコースがいいか聞いても全然いいですよね。

LINEだと相手に考える間を与えてしまうため、相手の感情が分かりません。

電話のほうがまだ声のトーンや間があるので、相手の感情が分かりやすいです。

この質問者様の意識は本当に素晴らしいと思います。

特に女性は、大事にされている感があると嬉しくなります。

残念ながら婚活男性で女性を大事にしている感を出している方は非常に少ないです。

ぜひうまくいってほしいですね!

婚活必勝完全アニュアル
「KOKOリングロード」
プレゼント!

  • なぜ婚活がうまくいかないのか
  • 「良い人がいない」のはなぜか
  • 自分のなにがいけないのか
  • 幸せな結婚をするためにはどうすればいいのか
  • このまま生涯孤独になってしまうのか

婚活における全ての悩みや不安を解決し、婚活レースからいち早く抜け出して幸せな結婚をする方法をまとめた伝説の書籍、婚活必勝完全マニュアル『KOKOリングロード』を真剣に結婚したい方限定でプレゼントします。

もしもあなたが今婚活を6ヶ月以上していて真剣交際の相手が1人もいないなら、新聞よりもニュースよりも、最優先に読んで欲しい本です。

この記事を書いた人

小崎真作のアバター 小崎真作 婚活KOKO 執行役員

2020年、奥さんが壮絶な不妊治療を経て妊娠。切迫早産の危険性があり転院や入退院を繰り返したのち、無事娘を出産。
2023年、再び奇跡が訪れたが再度切迫早産の危険性があり奥さんが2ヶ月入院しその間ワンオペを経験。無事息子が誕生。現在は2人の子供の育児と仕事に奮闘中。